QUALISYS

 

moorLDI2-HIR | 高解像度血流画像化装置

レーザードップラー血流画像化装置 高解像度モデル

moorLDI 先進の技術で組織血流の状態をカラー画像化

moorLDI2-HIRは、より小さなエリア(小動物の脳表面、眼底、臓器表面血流)を非接触に高解像度で測定することができ、マウスやラットの下肢測定に適した血流画像化装置です。

moorLDI2-IRと比較して、1ピクセルの空間分解能が0.1mmなので、より細かく血流状態を画像化することができます。 最大256x256ピクセル(65536ポイント)で血流状態を画像化(血流2次元画像)することができるので、鮮明に小さなエリアの抹消血流、表面血流の画像化ができます。
256x256ピクセル設定での測定時間は約5分になります。 血流画像測定範囲は最小2.5cmx2.5cm~最大5x5cmまで血流画像化が可能です。

LDI血流画像化スキャナーにはCCDカメラが搭載されているので、レーザードップラーで測定した血流画像とCCDカメラで撮影したカラーイメージを一緒 に配置できます。 また、MoorLDI2-HIRはラインスキャン、リピートスキャンモード、シングルポイント測定も使用できます。

486_l.jpg 487_l.jpg
マウス 血流測定 マウス 下肢の血流変位